発達障害就職支援宮城県仙台市
発達障害のある方の「働きたい」を応援します

株式会社グッジョブ

FAQ

グッジョブの就労移行支援を利用するメリットは何ですか
  1. 当社スタッフは日々皆さんと接し、活動場面やこれまでの経過などから一人ひとりの強み弱みを的確に把握します。自分の強み弱みを知ることはより自分に合う仕事選びや企業へのアピールにつながります。また体験的に得意不得意を整理できることがとても良いとの声を頂いています。
  2. 当社スタッフは、数多くの障害のある方の就職やその後の支援に関わってきています。まずご本人の話をよく聞き、的確に状況を把握し支援しており、医療機関、相談機関等とも丁寧に連携しています。
どんな方が通っているのですか?
利用者の9割は自閉症スペクトラムやADHDといった発達障害の診断がある方です。一部、うつ病や双極性障害、統合失調症の方も通っていただいています。障害者手帳をお持ちの方も持っていない方もいらっしゃいます。年齢は10代から40代となっています。
就職後にはどのような支援がありますか
障害者雇用枠で就職した場合には、ジョブコーチ支援や定期的な面談などを実施し安心して働けるようにしています。障害者雇用枠でない場合は、電話等でも個別に柔軟に相談に応じています。また卒業生向けのイベントもご案内しています。困ったらまず相談するよう伝えています。
就職までの利用期間はどのくらいですか
短い方で6か月、⻑い方で1年9か月となっており、一人ひとりの事情により異なります。グッジョブでは就職だけでなくその後に⻑く働くことを支援方針としています。そのため、一人ひとりの得意不得意を整理をするプログラムがあるため、上記の利用期間となっています。
グッジョブを卒業した人はどのような進路になっていますか。
平成28年から平成30年では卒業者の約7割が就職しています。(5割強が障害者雇用、2割弱が障害を伝えず就職しています)A型事業所へ就労した方が約2割です。
残り1割の方は体調不良等で一旦利用を中止したり、他の就労移行支援を利用するということになっています。まだ私たちの取り組みが不十分な点は今後、真摯に取り組んでまいります。
詳細はホームページ上の『実績など』に掲載しています。
就職した人はどのくらい続いているのですか?
平成28年、29年ともに就職した方の6ヶ月定着率は100%、1年定着率は、平成28年就職 者は100%、29年は約85%の見込みです(平成30年11月現在)。
それに対して全国平均は、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構障害者職業総合 センターが2015年9月〜2016年9月に行なった調査によると、就職後1年定着率は 58.4%。4割以上の人が1年以内に離職しています。